風土と響きあい溶け合い、時を経る毎に味わいを増す住まいが、私たちが目指す家づくりです

その土地の気候風土を巧みに活用し、風土と響きあい合う「シンプルで自然体の住まいこそ、私たち藤本和想建築が目指す家づくりです。
現代の建築基準にも適合できる高強度の土壁の組成や、木組みによる耐震工法、土壁用の粘土を使った屋根断熱工法など、自然素材には、現代の住環境にも十分通用する多くの可能性を秘めているものが数多く存在します。
工業製品としての価値しか認められなくなった現代住宅に、こうした古くから伝わる素晴らしい日本の建築技術、住文化をもう一度見直し、伝統に裏打ちされた新しい日本の住まいづくりに取り組んでいきたいと思います。

伝統工法に根差した家づくりに取り組む当社では、現代にも通用する土壁の新たな可能性を追求。

赤土、藁、スサなどの原料製法はそのままに、その組成を変更することで高強度な土壁の開発や、かつて熊本で多く採用されていた貝灰を原料とした漆喰の復活などに取り組んでいます。

fujimotowasou003
fujimotowasou002

サブカテゴリ

西洋合掌組が見える家
2016年02月08日(月)
article thumbnail熊本市戸島COMMUNE6 様...
~家族との和みの空間~
2016年02月08日(月)
article thumbnail阿蘇郡 T様