阿蘇で新築住宅の建築やリフォームに欠かせない素材・材料についてご紹介

素朴な木材の豆知識


県産材100%杉、檜材を使用。降雨量の多い九州地方の杉には防腐作用があるタンニンが多く含まれます。
県産材100%杉、檜材使用。古板戸、格子戸、150枚ストックあります。
膠(にかわ)を主原料とした天然接着剤使用。
古民家、蔵、納屋、移築物件、阿蘇を中心に御座います。古材、古石は主に熊本県内の昭和初期以前の家を解体し、ストックしております。移築物件古材にはその家の解体理由、建築時の写真、築年数を記載しております。


地元の土を研究中です。下地材に使用する土は広島産の粘土質の土です
有明海、福岡近辺でとれた赤貝を原料に熊本の工場で作っている貝灰漆喰を使用。